お知らせ・イベントスケジュール

「釜ヶ崎 記憶と記録と人生のたねと(仮)」に向けたココルームからのメッセージ

であいと表現の場から、ひとりひとりの人生へ

2015年あたりから、釜ヶ崎のまちは急激に変わってきました。地域の人々の高齢化による人口減少と旅行客の増加によるホテル街化があいまって、街は開発され景色は上書きされています。

負のイメージがつきまとう釜ヶ崎かもしれませんが、きれいになればよい、というだけでは、この街が耕してきた智慧や知見を失ってしまいます。それに、この街に暮らし生きてきたひとりひとりをなかったことにされたくありません。

そのために、釜ヶ崎と出会い、感じて、歩き、知り、考え、学ぶことをつづけ、アーカイブや記録することも大切な営みです。わたしたちは研究者ではありませんが、現場としての努力のしかたで記録を試みています。

そして、ひとりから、ひとりへ。

無名の人生を生きてきたひとりの人と、ひとりの自分が出会うことを、大切にしたいと考えています。

昨日と同じ今日がつづくわけではないことを、誰もが忘れがちです。どんなことがあっても生きてきた、この街の人々のいのちのありようを、ちいさなたねとして受けとってほしいと願っています。

ココルームが手がける「ゲストハウスとカフェと庭ココルーム」には、カフェや宿として来てくださる方もたくさんいらっしゃいます。さまざまな人が出会うことで、もしかしたら軋轢があり、ざらざらとした違和感をお持ちになるかもしれません。けれど、こうした経験から、思索し対話を重ねてゆくことそのものが旅の醍醐味でありましょう。

活動の経済的基盤ともなるこの事業として、ココルームはいっそう丁寧に取り組んでいきます。

釜ヶ崎は地理的な場所をさすわけではないと思っています。

孤独感にさいなまれたり、周縁に追いやれたりするような状況を、釜ヶ崎的と呼んでもいいと思います。

そんなときに、「どっこい生きてる」。

縁を失い、この街で暮らしたひとりの人のことばが、思い出されるかもしれません。街角の風や、道路にうつりこむ影の濃さのなかに、ひとりの人を思い出すかもしれません。

2018年夏

【現在進行している取り組み】

・釜ヶ崎妖怪かるたーゆるすまち、ゆるされるまち

・釜ヶ崎芸術大学の冊子「真剣なことば」

  • 聴き取り(岸政彦さんほか)
  • あいりんセンターのスケッチ
  • 釜ヶ崎版フォトヴォイス(インターン生によるプロジェクト)

【計画中の取り組み】

・さまざまな人たちによる聴き取りとその保存と発表

  • 学生やこども、おとなフィルドワークの受け入れ
  • 2020年オリンピックにむけて、釜ヶ崎から表現する何か

これらの取り組みに関心があり、協力していただける方は、ココルームまでご連絡ください。もしくは、ココルーム滞在時にスタッフにお声がけください。アイデアがある方はできれば企画書をお持ちください。


With the memories, records, and the seeds of humanity planted by the people of Kamagasaki,

Cocoroom’s message.

From our space of meeting and expression,

Since about the year of 2015, the area of Kamagasaki has been experiencing sudden change. While the population of local residents continues to decrease due to aging, the population of tourists and the consequent transformation into a hotel town has resulted in significant developments.

While Kamagasaki may be a town with a negative reputation, we must abandon the belief that its progress calls for the demolishment and reconstruction of the landscape. It does not call for the removal the people who currently spend their daily lives in this town.

It follows that in order to ensure the survival and continuation of Kamagasaki as a place to talk a walk, to meet and connect, and to feel, know, think, and learn, the task of archiving is vital. While we may not be professional researchers, we have the direct insight to this information through our activities as well as the capacity keep such records.

From one human to another,

We believe in the meaning of each ordinary life and stress the significance of discovering our selves. Despite what many people may believe, it is not the way the days can continue on without troubles that is important. Rather, it is the way the people of this town carry on living regardless of the circumstances that afflict them that sow the hopeful seeds of humanity.  

Kamagasaki is much more than the geographic area that it covers. Feelings of unbearable loneliness, isolation, and alienation can too belong to what we know as Kamagasaki. During those times, a person can continue to live

Words of someone who lived in this town. The breeze in a street corner. A single person among the shadows that fill a crowded road. During those times, these moments may come to mind.

Summer of 2018

今年も釜ヶ崎夏まつりの時期がやってきました。

釜芸では、夏まつりにあわせて「釜ヶ崎オ!ペラ」を開催します!

目玉はなんといっても、ソケリッサ!
東京を拠点に活動するホームレスのダンスグループ「ソケリッサ」を講師に迎え、ダンスワークショップと公演を釜ヶ崎夏まつりと京都芸術センターで行います。
毎年恒例の夏まつりでの書道コーナー、合唱発表会、天文学も開講します。
この機会にぜひお越しください!
お手伝いさんも募集しています。

【ソケリッサと踊ろう!】
8月13日(月)・14日(火)13:00~15:00
講師:ソケリッサ(ホームレスダンス)
会場:太子老人憩いの家(大阪市西成区太子1-8-12)

【櫓の書ーひとりのことば、ひとりの裏にー】
8月13日(月)・14日(火)・15日(水)全日15:30~18:00
集合と説明:ゲストハウスとカフェと庭ココルーム
会場:三角公園

【天文学ーみんなで接近中の火星を望遠鏡でみてみようー】
8月13日(月)18:30~20:30
講師:尾久土正己(天文学者)
会場:ゲストハウスとカフェと庭ココルーム

【釜ヶ崎なつまつり 合唱ーどなたもお気軽に!うたいましょう!】
8月15日(水)16:00~19:00
講師:山本則幸(指揮者)
練習:ゲストハウスとカフェと庭ココルーム(16:00~17:30)
会場:三角公園ステージ(18:30~19:00)

【ソケリッサ ワークショップ&ショーイング in 京都】
8月17日(金)・18日(土)
講師:ソケリッサ
会場:京都芸術センター フリースペース(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)
17日(金)ワークショップ 15:00~17:00/18:00~20:00
18日(土)ワークショップ 13:00~15:00 ダンス公演とトーク 18:00~20:00
主催:京都芸術センター

【ことばとからだーゆらゆらゆれる、とつくつくあるくー】
8月19日(日)14:00~16:00
講師:砂連尾理(ダンサー、振付家)、上田假奈代(詩人)
会場:三徳寮(大阪市西成区萩之茶屋1-9-14)

もし歌いたいという人たちがいたら
楽譜をダンロードして下さい
楽譜PDF

歌詞

あたらしいうた

釜芸の詩、合作俳句の講座のことばから 編集:上田假奈代
作曲:釜芸の学生、野村誠

 天からふった
なみだの一滴
こころにまじって
うみにまじって
地球がまわる
パンダがシャツからとびだして
まわるまわるよ くるくるくるくる

雨に歌う
雨を歌う
道頓堀の雨
わかれ大阪は
今日も雨
ひとよひとよと街をぬけ
みえてくるのは 通天閣

人という字に似ているな
人のこころ変わらぬ釜ヶ崎

【以下は でたらめに節をつけて、1行ずつにうたう
もういちど上記のうたを、くりかえし、うたう】

あぜ道にこおろぎと自転車
虹の橋を渡る
月もでてくる
三連続ホームラン
UFOも飛ぶ

気がつけば 青空
たくさんのともだち うかんでる
にぎやかな うちゅうのはてで 金魚住む
ごみばこのヘリコプターの羽がない
日光浴 かんおけのなか 夢をみる
骨格にバナナとイチゴ すきとおる
毛糸のような ぼそぼそあるく ダンゴムシ
たけやぶを はんぺん地獄に からし雲
前すすむ 象亀の家 みつけたり

ぱしゅん ぱしゅん
ぱち ぱち おくら

あした あさ いつもの時間に
釜のつちのにおい
つぎたされていくわたしの色

くしゃくしゃの
はくし
よごれたはくし
はくしはずっとはくし
はくしはもえる
はくしのかみひこうき

 おそくない
あたらしいものをつくろう
あたらしいうたをつくろう

 *「あたらしいうた」は、ずいぶん変わったうたです。電話をくださればお伝えします。06-6636-1612(ココルーム)


釜ヶ崎オ!ペラ テーマ曲

作詞:上田假奈代と釜ヶ崎芸術大学在校生
作曲:野村誠と釜ヶ崎芸術大学在校生

ぱぴぷぺぽっぽっぽ
おっぺけほっぺっぺ
ぱぴぷぺぽっぽっぽ
おっぺけほっぺっぺ

おならは星(ほし)のラッパだよ
わたしがうたうと みんながうたう

オペーラペラペラカマガサキ

ぱぴぷぺぽっぽっぽ
おっぺけほっぺっぺ
ぱぴぷぺぽっぽっぽ
おっぺけほっぺっぺ

おならは星(ほし)の流れ星
カバの子コカバ カマオペーラ
コカバのオヤは オヤバカオペーラ

オペーラペラペラカマガサキ

 ふんが行進曲 (みんなの探検の詩(うた))

作詞:上田假奈代と釜ヶ崎芸術大学在校生
作曲:野村誠と釜ヶ崎芸術大学在校生

みんなのみんなの 裏山に分け入って
歩く歩く 歩き回るの
さあ木登り わたしはタアザン
ふんが ふんが ふんが ふんが

気球にのって とんでみたい 家出して
風にのって どこまでも
さあ見えたぞ カエルとカメ
ふんが ふんが ふんが ふんが

山は いのしし、クマに、マントヒヒ
川は どじょう、アユに、手長エビ

橋を渡って 夕焼け色の 「おかあさん!」
さあ 帰ろう
どろんこのまま
ふんが ふんが ふんが ふんが

あなた

作詞:釜ヶ崎芸術大学在校生
作曲:野村誠と釜ヶ崎芸術大学在校生

あなたとふたり 明日(あす)にむかってあるく
あなたとふたり アラビアの朝焼け
ああ よかった
AH アンパン あきらめない 青い空
あの時から歩く あほんだら

あなたとふたり 甘えていいよ 赤ん坊
あなたとふたり アカシアの雨の日
あぁよかった
AH 会いたい あの星のもと 編み物を
赤信号 歩く ありんこ

ふるさとのうた~婦木さんに捧ぐ

作詞:上田假奈代
作曲:ストリートワイズオペラ+紙芝居劇むすび

かあ かあ かあ ふるさとはあの山
かあ かあ かあ ふるさとはあの山
はたらいて はたらいて あるいてきたよ
気がつけば 気がつけば
この道も なつかしい道
いつか帰ろう ふるさとへ
いつか帰ろう ふるさとへ
かあ かあ かあ

 

6月9日(土)10:00~16:00

7月7日(土)10:00~16:00
会場:西成市民館

木材とノミ、彫刻刀 用意します
道具に限りがありますので
持込していただくと大変助かります

カンパ大歓迎!
場所代、木材、道具代がありますので
少しでもカンパいただくと助かります

出来上がった円空さんを
8月13日から15日までの
三角公園の夏まつりでお供えさせていただきます
もちろん、出来上がった円空さんを
お持ち帰りしていただいても大丈夫です

主催:楽描の会

急激に変わりゆく釜ヶ崎のまちの息遣いに耳を澄ましています。2018年釜芸の裏テーマは「釜の妖怪」。何でしょう。一年かけてやってみます。そして、春夏は、ほんまもんの大学と釜芸がタッグを組む講座があります。さらに、前代未聞の講座が満載!釜のおっちゃん先生の「からくり人形ゼミ」、オーケストラ!、東京からホームレスダンサー・ソケリッサ招聘などなど。ごちゃまぜのごった煮の、予想もつかない、釜芸打ち上げ花火です。タマシイがどーんと響き渡ります。

We are carefully listening to the breath of the Kamagasaki area which is changing drastically. The secret theme of Kama Gei 2018 is “The Spector of Kamagasaki”. Nobody knows what it is. We will try to find it out. This year will be full of unprecedented workshops.

日時:7 月 14 日(土) 午後 4 時 30 分~6 時 30 分
場所:ココルームの庭

なつ にわ えんそう し ろうどく 夏の庭で、オーケストラの演奏と詩の朗読を楽

しみましょう。みなさんぜひお越しください!

しゅつえん かんげんがくだん
出 演 :アミーキティア管弦楽団(オーケストラ)

かまがさきげいじゅつだいがく だいがくいん 釜ヶ崎芸術大学・大学院のみなさま

第二弾オーケストラチラシ

 

釜ヶ崎芸術大学・大学院2018
からくり人形ゼミ 
String Puppet Seminar

 釜のおっちゃん・通称からくり博士が創作自作したからくり人形。
アルミ缶やら針金やらでブリコラージュして作ってしまう博士に学んで、作ってみようと思います。「人生泣き笑い」のマイ通天閣に挑戦!ごはんつき 各回2500円

4月28日 ガイダンス・日本橋へお買い物・顔作成

55日 制作

512日 制作

519日 制作

526日 制作

すべて土曜 11:0014:30

講師:からくり博士

 お申し込み〆切:420 日程変更415日 まで(途中参加の方はご相談ください)
材料実費:一体約7000(特注の台やアダプター含む、乾電池は含まず)

材料はココルームの近くではない店舗でも購入するため、320日までにお申し込みください。事務局で事前に購入しておきます。キャンセルについては実費をいただきます

作品は何時間で完成するものか、想像がつきませんので、各自で主体的に考えてください

*作品は「飲みものを飲みつづける通天閣」を作成予定です

*もっていたら持参ください:ラジオペンチ、針金などを切るニッパ、はさみ、洗ったアルミ缶10個ほど、おやつ

*途中から参加の方には、個別にできるかぎり対応します。部品の購入が必要なため、必ず事前に連絡・相談ください

作った作品はもちろんお持ち帰りください
見学可能です

ココルーム 06-6636-1612  info@cocoroom.org

イースターエッグ・ココルームまつり

春を祝う「イースタエッグ」と
「おかげさまでココルーム2周年」をあわせて
お庭で楽しい卵をさがします。
そして、歌やら演奏やら、かるた大会など
春をあそびましょう。

2018年4月1日(日)
参加費:1000円 2ドリンクつき

11:00〜 たまごかくし

12:00〜 春庭ランチ(予約制20名まで)1000円

14:00〜 たまごさがし  (贈り物つき)

15:00〜 かるた大会

16:00〜 ライブ

17:30  終了予定

たまご隠したい人どうぞ

ライブ出演者募集中!(アコースティックのみ)連絡ください

朝からお手伝い数名募集

ランチ申し込み 3/27までにお願いします

申し込み:info@cocoroom.org   06-6636-1612(ココルーム)

協力:ひよこ