台所、お風呂つきのお部屋で、一組だけの滞在で、ゆったりと。

For the local life, do-it-yourself travelers.

小さなこどものいる旅に、グループでの旅に。
A comfortable stay for one group. For travelers with kids or friends.

料金・アメニティ他の詳細は下にスクロールして下さい

動物園前商店街のアーケードがとぎれ、懐かしい昭和の香りの通りにある「松の木」。かつて、てっちり屋だったという和風建築を一組滞在型の宿にしました。

 

住所はこちらです:〒557-0003 大阪市天下茶屋北1-6-4
部屋にはキッチン、冷蔵庫、洗濯機などを備え、暮らすように滞在いただけます。小さなこども連れ、グループなど、気兼ねなくおすごしください。

同じ商店街にある「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」は徒歩4分。ココルームでチェックインして、鍵をうけとってください。ココルームの庭で遊んだり、食事をしたり、またココルームが企画するさまざまなワークショップへの参加も大歓迎です。

「松の木」は、一組だけのお泊まりですので、旅の荷ほどきをして、くつろいでください

At the end of the Doubutsuen-mae shopping arcade, “Matsunoki” is immersed in a nostalgic Showa period atmosphere. We transformed a traditional house, which used to also be a blowfish restaurant, into a guesthouse for one group of people.
There is a kitchen, fridge and washing machine in the house. So you can continue your normal lifestyle. Matsunoki would be good for people with kids or a group of people.
It’s a four minute walk to “Guesthouse, Cafe, Garden Cocoroom” in the same shopping street. You can check-in at Cocoroom and receive the key. You will also be welcome to relax and play in the garden, have meals and participate in workshops all at Cocoroom.
“Matsunoki” is a guesthouse only for a group. So please relax and enjoy after unpacking your luggage.


料金 charge ※曜日や季節によって変動します。

 

 

  • 1 - 2名さま 12,000円 1-2 Person 12,000 yen
  • 3名さま 15,000円 3 Person  15,000 yen
  • 4名さま 18,000円 4 Person  18,000 yen
  • 5名さま 21,000円 5 Person  21,000 yen
  • 6名さま 24,000円 6 Person  24,000 yen
  • 小学生以下は添い寝無料(2人目からは1人につき+2,000円)*High season prices will be set for the summer holiday season, and the year-end and New Year holidays.*Children under 6 are not charged.*Extra 2,000 yen charge

アメニティ amenity

 

 

 

  • Wi-Fi
  • エアコン A/C
  • 洗濯機 Washing Machine
  • 冷蔵庫 Refrigerator
  • キッチン(食器、HI、電子レンジ、電気ケトル、トースター)  Kitchen (Dishes, HI, Microwave, Electric Kettle, Toaster)
  • バスタオル類 Bath Towels
  • 歯ブラシ Toothbrush
  • ヘアドライヤー Hair Dryer
  • シャンプー、ボティソープ類 Shampoo, Body Soap
  • 地域ガイドマップ Gude Ma

ご予約について

  • Booking.comで予約 reservation with Booking.com
  • ご宿泊やご予約についてわからないことがありましたら、まずはメールroom@cocoroom.orgまたはお電話06-6636-1612 (9:00am~9:00pm)にてお問い合わせください。
  • If you have any further queries, please do not hesitate to contact us by phone or e-mail.room@cocoroom.org
  • 06-6636-1612 (9:00am~9:00pm)

チェックイン/チェックアウト chéckin./chéckout.

  • ココルームにてチェックインをして、松の木の鍵を受け取ってください。
  • 商店街を抜けて、松の木まで歩いていきます。
  • ココルームのスタッフがご案内いたします。
  • How to check in/ check out.
  • Please drop by Cocoroom and get the key of Matsunoki.
  • Walk through the shipping street and get to Matsunoki.
  • Cocoroom staff will guide there.

クレジットカードで支払える? Can I pay by credit cards?

  • VISA, MasterCard, JCB, 銀聯、American Express, Diners Clubがご利用いただけます。
  • Yes. VISA, MasterCard, JCB, American Express, Diners Club, and UnionPay are accepted.

広さはどのくらいですか? How big is it?

キャンセル料金はいくら? What happens if I cancel my reservation?

  • 3日前以降は全宿泊費の50%。当日は宿泊費の100%。
  • In case of cancellation on the expected arrival date or in case of no-show, the whole stay will be charged. In case of cancellation with less than 3 days prior to the expected arrival date 50% of the whole stay will be charged.

タバコは吸える? Can I smoke tobacco?

  • 館内は禁煙となっております。
  • Non smoking in the building.

荷物をあずけられる? Can I leave luggage before check-in and after check-out?

  • ココルームにてチェックイン前のお荷物のお預かりが無料です(午前9時以降)。チェックアウト後のお荷物のお預かりは当日21時まで無料、21時を過ぎた場合は追加料金をいただきます(翌日以降は¥500/お1人様)。ただし大量の荷物の場合は、別途追加料金をいただきます。
  • Yes. We can keep your luggage on the day of check-in and check-out at guesthouse Cocoroom (no charge). Luggage storage after the day of your check-out will incur extra costs. Please let us know.

バリアフリーですか? I have disability. Can I stay at your guest house?

  • 建物の構造上難しい部分もありますが、いろんな方にご利用いただきたいと思っております。お手数ですが、お問い合わせいただければ幸いです。
  • We try our best to accommodate those who need special support. Please contact us about handicapped-accessibility.

ペットは宿泊できる? Can I stay with my pet?

  • ペットと一緒のご宿泊はお断りしています。
  • ココルームでペットのお預かりは可能です。
  • We are afraid that we decline staying with pet.
  • We can keep your pet at Cocoroom.

Googlemapはこちら



松林を通って
画家の林さんが描く、松林の廊下。

伊藤若冲(江戸時代の日本画家)に憧れをこめた絵です。若冲に特別縁が
あるわけではないのですが、林さんという言葉少ない画家の絵
に対する強い想いが若冲を想起させるからです。林さんとココルームのであいは2007年。スタッフが全員退職するのと、はじめての引越しを迎えたココルームは窮地に立っていたかもしれません。そんな時に林さんは引越しを手伝いに黙々と通ってくれました。林さんは、引越したさきのココルームの店内のトイレへの通路の壁に絵を描くことになりました。その絵は、一面描かれると、その上に違う景色が描かれる、というものでした。店内では見てくれる人も少ないと思い、シャッターに描くことを林さんに提案すると、引き受けてくれ、深夜に通い続けてシャッターに極彩色のジャングルが描かれました。シャッターの絵の完成を待って、看板にも着手し、足場を組んで、林さんとわたしで、28時間かけて、若冲のモチーフを用い描きあげました。「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」のトイレ棟の壁の絵も林さんの作品です。

「松の木」では、林さんに松林を描いてもらいたいと思い、お願いしました。松林には動物たちが息づきます。夜になると松林の影からそっと、旅する人の夢のなかにでてくるような。(ココルーム代表 上田假奈代)

Through the pine forest

See the corridor with pine trees by the painter Keisuke Hayashi.

This is inspired by a painting I admire by the Japanese Edo period painter Jakuchu Itou. Although there is no special connection with Jakuchu, the strong passion of the quiet painter Hayashi towards painting makes me think of Jakuchu. The first meeting between Hayashi and Cocoroom was in 2007. Cocoroom was in a predicament with the departure of all of the Cocoroom staff and the first move. He was supposed to paint on the restroom wall in the new Cocoroom but I thought only a few people would be able to see that painting. So I suggested to him to paint Cocoroom’s shopping arcade shutter instead. He accepted that and came to Cocoroom every midnight to paint a brilliantly colored jungle on the shutter. After the shutter was completed, Hayashi and I painted the signboard featuring Jakuchu’s motifs. It took 28 hours. The walls of the guest toilets in “Guesthouse Cafe Garden Cocoroom” are also his work.

For “Matsunoki” I wanted him to paint again and so asked him. In the “Matsunoki” pine trees, you can find animals are living there. It seems like they may even leave the pine trees and enter travelers dreams at night.

(by Cocoroom’s founder Kanayo Ueda)

WEBサイトこちらです、ページ下部にご予約フォームがあります

8月12日に予定していた、釜芸の天文学講座ですが、諸般の事情で急に中止となりました、内容と日程を変更して行います

8月12日に期待して予定をされていた方には大変申し訳ありません。

代わりに8月11日に時間と内容を少し変更して行いますのでご了承ください。

8月11日は14:00〜17:00に
講師:細馬宏通(人間行動学)会場:ココルーム
「つい、やっちゃう学(行動学)と、つい、やっちゃう音楽」講座があります、その後に引きつづきココルームで行います

17:00まで 細馬さんの講座(つい、やっちゃう学(行動学)と、つい、やっちゃう音楽)

はやめの 夕ご飯をたべ

18:00から 天文学の講座をおこなう
そのまま庭で 望遠鏡を というはこびとなっています。
この日に嵐の来ませんように願いを込めて

慌ただしい8月11日となりそうです

ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム
一周年記念・ゆるゆると花見と音楽と落語と庭作業と紙芝居などの日

2017416日(日)14:0019:00くらい
雨の場合は室内で。カンパ制
会場・お問合せ:ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム

大阪市西成区太子2-3-3  電話06−6636−1612

一年なんてはやいものですね。
昨年の春と変わったことはなんでしょう。
庭の草木が育ったこと、ひとつ歳をとったこと、
いろんなであいがあったこと。
おかげさまで、「日々人生劇場ココルーム」。
いろんなことが起こっています。
それはさておき、
一周年の感謝のきもちです。
春の庭で(ちいさな春の花が咲いています)
お琴やのこぎり演奏会、
セメントをこねて、石や貝殻やビー玉をうめこむ道づくりの作業(予定)
図書館でかりてきた紙芝居をみんなでよみあいっこします。
あとは、ご飯を食べたり、おもいつきで絵を描いたり、
俳句や詩をつくるかもしれません。

琴:中川佳代子  のこぎり:しょうゆ
合作俳句:渡辺とうふ、上田假奈代
落語:あーさー 紙芝居:みなさん
お料理:あっこちゃん ほか

Japanese harp
Musical saw
traditional comic storytelling
compose a haiku
work in a garden

 info@cocoroom.org   www.cocoroom.org

ファミリープラン

料金:8000円(5名様まで一室を一泊貸切料金)
お部屋:4ベッドドミトリー

小さなこども連れのご家族に
対象:小学生以下の子どもをお連れのご家族(5人まで)

こどもが遊び、家族がくつろぐココルーム。

4人ドミトリーを家族で貸し切ってゆったりどうぞ。
シャワールームには小さな椅子つき、広めの脱衣所など、やさしいつくりになっています。
野菜たっぷりの手作りごはんがあります。(別料金、まかないご飯お一人700円)
エレベーターはありませんが、ベビーカーを運ぶなどのお手伝いをします。

開放的なお庭では、穴を掘ったり、石を探したり。


ハンモックも人気です。

小さな図書室はこども部屋のよう。

本やカルタ、遊び道具がいっぱいあります。

ゲストハウスの館内は、竜宮城みたい。

フォトジェニックな空間で家族の写真を撮ってみてください。

一階では、ちょっとこどもの面倒を見てくれる人や遊び相手もちらほら。

子育て中の大人の方は、久しぶりにゆっくりくつろげるかもしれません。


 グループプラン

学生、社会人など8人以上のグループ団体のみなさんに
対象:
8人以上のグループ団体(16名様まで、それ以上は要相談)
料金:お一人2500円・お部屋:ドミトリー

 

みんなで食べて、しゃべって、歌って、踊って、たのしい時間をココルームとともに。芸術、建築、まちづくり、福祉などにご関心がある学生・社会人サークルの方々に。そんなみなさんに、ココルームはもってこいの空間です。
1階にある共用スペースは、会議やミーティングに。
ちょっと気分転換も庭でどうぞ。

お庭で西成ホルモンバーベキュー、屋上で夜風に吹かれて語り明かすもよし。釜ヶ崎のまちあるきも承ります(どちらも要相談、要予約)


長期滞在プラン

対象:1ヶ月以上の滞在の方
料金:月36,000円(夏季78月と冬季1、2月は4000円加算で40,000円)
お部屋:ドミトリー

じっくり滞在したり、地域と交流したい方に
ココルームに1ヶ月、滞在すると何が起こるんだろう。
毎日あたらしい出会いや体験。

ここには、毎日、いろんな人がやってきます。
まちの人、アーティスト、旅人、ふらりとやってくる人。
イベントやワークショップもたくさんあります。
釜ヶ崎芸術大学。詩の学校。路上で暮らす人たちのための夜回りなど。
キッチンでは自炊もできます。近くにはスーパーもあります。
交通至便で、いろんなところに出かけられます。
ちょっとオトクで、とってもおもしろい、ココルームに
ぜひ1ヶ月以上滞在してみてください。


宿泊予約はこちらから

予約フォームへ飛びます。
お急ぎの方は電話でTel&Fax: 06-6636-1612

講座「行動と場づくり、つながり」
イギリスのホームレスの人たちとオペラに取り組む「ストリートワイズ・オペラ」のマット・ピーコックさんをむかえて

2017年3月2日(木)
1部 14:00〜16:00「釜ヶ崎オ!ペラ3」をふりかえり、イギリスとの交流を味わう
2部 18:00〜21:00ネットワークと場づくり、2020年に編み出したいことを考える 

ゲスト:マット・ピーコック(ストリートワイズ・オペラ主宰)
通訳付き
参加費:無料(カンパ歓迎)
会場:ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム
大阪市西成区太子2-3-3

1部 「釜ヶ崎オ!ペラ3」をマットさんはご覧になっていません。写真などでふりかえり、マットさんにその様子を話し、イギリスとの交流をふくらませましょう。マットさんのイギリスでの活動についても報告いただきます。釜オペ3をご覧いただいてない方もお気軽にご参加ください。

2部 2016年7月にリオで開かれたオリンピック。マットさんたちは4年かけてリオでの取り組みを行い、ホームレスなど困難な状況にいる人たちと表現を通して活動する人たちが世界から集まりました。じっさいに行っているワークを共有したり、場づくりや活動についての課題や希望などを話しました。各地の現場に携わっている方、アーティスト、研究者、表現と社会の関わりに関心のある方に集まっていただき、2020年の東京オリンピックを視野にいれながら話をしてみたいと思っています。

プロフィール
マット・ピーコック MBE
ストリートワイズ・オペラ アーティスティック・ディレクター
ホームレス支援の仕事や、オペラの批評家としての活動を経て、2002年にストリートワイズ・オペラを設立。2004年から2005年まで、クロア・リーダーシップ・プログラムに参加。現在、アートと社会をつなぐ非営利団体「ピープル・ユナイテッド」の理事を務めるほか、ロイヤル・オペラ・ハウスの教育部門のコミッティにも参加。ゴードン・ブラウン元英首相の著書「ブリテンズ エブリデイ ヒーローズ」の中で、英国で活躍する社会活動家30名の中の一人として紹介されたほか、2011年には大英勲章MBEを授与。2013年にはイブニング・スタンダード紙が掲げる「最も影響力のある1000人のロンドナー」の一人として選ばれた。http://www.streetwiseopera.org/

問い合わせ:ココルーム
06-6636-1612 info@cocoroom.org

主催:大阪市立大学
共催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
助成:平成28年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
後援:大阪府、大阪市、西成区役所
特別協力:ブリティッシュ・カウンシル