講座「行動と場づくり、つながり」
イギリスのホームレスの人たちとオペラに取り組む「ストリートワイズ・オペラ」のマット・ピーコックさんをむかえて

2017年3月2日(木)
1部 14:00〜16:00「釜ヶ崎オ!ペラ3」をふりかえり、イギリスとの交流を味わう
2部 18:00〜21:00ネットワークと場づくり、2020年に編み出したいことを考える 

ゲスト:マット・ピーコック(ストリートワイズ・オペラ主宰)
通訳付き
参加費:無料(カンパ歓迎)
会場:ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム
大阪市西成区太子2-3-3

1部 「釜ヶ崎オ!ペラ3」をマットさんはご覧になっていません。写真などでふりかえり、マットさんにその様子を話し、イギリスとの交流をふくらませましょう。マットさんのイギリスでの活動についても報告いただきます。釜オペ3をご覧いただいてない方もお気軽にご参加ください。

2部 2016年7月にリオで開かれたオリンピック。マットさんたちは4年かけてリオでの取り組みを行い、ホームレスなど困難な状況にいる人たちと表現を通して活動する人たちが世界から集まりました。じっさいに行っているワークを共有したり、場づくりや活動についての課題や希望などを話しました。各地の現場に携わっている方、アーティスト、研究者、表現と社会の関わりに関心のある方に集まっていただき、2020年の東京オリンピックを視野にいれながら話をしてみたいと思っています。

プロフィール
マット・ピーコック MBE
ストリートワイズ・オペラ アーティスティック・ディレクター
ホームレス支援の仕事や、オペラの批評家としての活動を経て、2002年にストリートワイズ・オペラを設立。2004年から2005年まで、クロア・リーダーシップ・プログラムに参加。現在、アートと社会をつなぐ非営利団体「ピープル・ユナイテッド」の理事を務めるほか、ロイヤル・オペラ・ハウスの教育部門のコミッティにも参加。ゴードン・ブラウン元英首相の著書「ブリテンズ エブリデイ ヒーローズ」の中で、英国で活躍する社会活動家30名の中の一人として紹介されたほか、2011年には大英勲章MBEを授与。2013年にはイブニング・スタンダード紙が掲げる「最も影響力のある1000人のロンドナー」の一人として選ばれた。http://www.streetwiseopera.org/

問い合わせ:ココルーム
06-6636-1612 info@cocoroom.org

主催:大阪市立大学
共催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
助成:平成28年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
後援:大阪府、大阪市、西成区役所
特別協力:ブリティッシュ・カウンシル

%e9%87%9c%e8%8a%b8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8_%e9%87%9c%e8%8a%b8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f_

 

 

開催日時:2017年1月21日(土)〜4月16日(日)(月曜休館・3/20は開館、3/21は休館)10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会場:大岡信ことば館
入館料:大人600円/学生・シニア(60歳以上)400円/子ども(小中高生)200円/団体(4名以上)各100円引 ★大岡信の誕生日(2/16)は無料

2016年11月1日(火曜日)
一回目:午後4時より
二回目:午後6時より

場所:新シェルターとなり新居場所(大阪市西成区萩之茶屋1-9-27)
参加費:無料
出演者:ヘーデンボルグ・洋(よう)ピアニスト

プログラム:
アルゼンチン舞踊曲集
ショパン・エチュード集Op.25より 13番「エオリアン・ハープ」・24番・24番『大洋」
カプースチン:8つの演奏会用練習曲Op.40より 第6番『パストラーレ」ほか

ピアノコンサートちらしPDF

釜ヶ崎芸術大学

大学院 美学学会 緊急開催!

 

  • 9月3日(土)14:00~16:00

写真と存在

モリムラ不在のモリムラルームでモリムラの存在を語る

ゲスト:若原瑞昌(写真家)

会場:ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム 203号室

大阪市西成区太子2-3-3

 

写真家、若原瑞昌と参加者が(モリムラ不在)、森村泰昌作品(モリムラ存在)(人物ではなく作品)について語る。

 

  • 9月10日(土)14:00~16:00

セルフィと存在~自撮りとアイデンティティとまなざし

モリムラの存在するモリムラルームを飛び出しモリムラ不在を語る

対談:若原瑞昌(写真家)×森村泰昌(美術家)

会場:ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム 1Fの庭

大阪市西成区太子2-3-3

 

2009年から2013年まで、釜ヶ崎で毎年二回、若原瑞昌が「男前写真館」を開き、まちの人たちを撮影してきた。プリントされた写真は本人に渡される以外、公開されることはなかった(遺影となった作品もある)。この日、本人に手渡されず残されたプリントをみつめる。若原は写真にうつる人々にじぶんがそこにどうしようもなく写っていると語る。「釜ヶ崎の顔に、大阪の原風景を見る」という森村と、その一枚一枚にどんな人生を、物語を、なにを想起するのかを話し合う。

* 9/3は、大阪市立大学都市研究プラザ・先駆的都市研究拠点「共同利用事業・共同研究公募」の助成をうけて実施するものです

* 助成:福武財団

 

■おといあわせ

NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)

557-0002 大阪市西成区太子2-3-3
info@cocoroom.org   でんわ06-6636-1612

釜芸in鶴見橋中学校
演劇

◎10月29日(土)08:45〜10:25

講師:樋口みゆ(劇作家・演出家)

会場:鶴見橋中学校

*参加する方はなるべく事前にお申し込みください

集合:ココルーム 08:10 直接中学校に行かれる方は事前におしらせください

写真 2016-07-20 11 48 52
付け合わせは日によって変わります(写真は7月20日のものです)、ランチだけの利用も出来ますので、お昼にお腹がすいたときにフラリとお立ち寄りくださいね
値段はSサイズ600円・Mサイズ700円・Lサイズ800円となっています。